CRITICAL STUDIO 2013-2014

CITY TALES EXHIBITION
Critical Studio ”CITY TALES” は6ヶ月間に渡り、国際的に活動する研究者、建築家、デザイナーを招聘し、連続的なワーク ショップを開催してきました。彼らの方法論を吸収した参加者は、この展示を通して都市空間を魅力的にするためのクリエイティブな提案を発表します。
展示の詳細はこちらからご覧ください。

世界のゲストと考える、都市をめぐる6か月。

exploring the city with international guests for six months

Facebookとブログにて、情報を随時更新しています。
The latest information is on Facebook and blog.

facebook: www.facebook.com/criticalstudio.citytales
blog: criticalstudio-citytales.blogspot.jp

CONCEPT MOVIES

    • SHIBAURA HOUSE
    • Critical Studio 2012-13 “HUMAN PRACTICE”
    • 昨年度開催したプログラムのダイジェストムービーです。
    • ワークショップや制作、プレゼンテーションの様子に加え、
    • モデレーターや参加者のインタビューを収録しています。
    • Vincent Schipper [Monnik]
    • Still City
    • アムステルダムを拠点に活動するMonnikの共同主宰・Vincent
    • に、プロジェクト”Still City”、昨年秋に東京で行った調査、
    • 日本の都市に対して感じることを話してもらいました。
    • Cameron Allan McKean [雑誌「TOO MUCH」共同編集者]
    • 都市とメディア
    • 7月19日に開催したキックオフイベント「都市は誰がつくる
    • のか?」のプレゼンテーション映像です。雑誌のコンセプト
    • や、都市に対する考えをお話しいただきました。
    • 門脇耕三 [建築学者]、南後由和 [社会学者]
    • 都市空間を考えるための4冊
    • 7月19日に開催したキックオフイベント「都市は誰がつくる
    • のか?」のプレゼンテーション映像です。”CITY TALES”の
    • 入門書となる書籍を数冊ずつ紹介いただきました。
    • 肥山達也 [横浜市]
    • 地方行政が作る都市計画:横浜の場合
    • 7月19日に開催したキックオフイベント「都市は誰がつくる
    • のか?」のプレゼンテーション映像です。クリエイティブ
    • シティの取組と課題についてお話しいただきました。
    • 近藤哲雄 [建築家]
    • 建築家が作る地域計画:東北の場合
    • 7月19日に開催したキックオフイベント「都市は誰がつくる
    • のか?」のプレゼンテーション映像です。近藤さんが関わる
    • 牡鹿半島の復興支援プロジェクトを紹介いただきました。
    • 川勝真一 [RAD主宰]
    • 京都で活動するなかで感じる、都市と建築の話
    • 建築のリサーチプロジェクトRADを主宰している川勝さんの
    • インタビューを掲載しています。http://on.fb.me/13HN4BW
    • 吉良森子 [建築家]
    • 建築家を志す学生や若い人たちへ
    • アムステルダムで建築事務所を主宰する吉良さんの
    • インタビューを掲載しています。http://on.fb.me/19OPp1I

ABOUT

SHIBAURA HOUSEが主催するCritical Studioは、将来的にグローバルな活動を目指す若手クリエイターや学生に対する半年間のトレーニングプログラムです。海外で活躍するゲストを招聘し、実践的なワークショップを提供。東京に居ながらにして、世界で活動するために必要な考え方やスキルに触れることができます。なお半年間のプログラムの最後には海外でのプレゼンテーションも用意されています。

Critical Studio is a six-month training program by SHIBAURA HOUSE for young creative people and students who are aiming at international activities. We will hold practical workshops by talented creative people from all over the world so that participants will learn the way of thinking and acquire skills to go international. As a finale of the program, participants will give a presentation abroad.

Critical Studio 2012-13 “HUMAN PRACTICE”

初年度となった昨シーズンは”HUMAN PRACTICE”と題し、身の回りにある「日常」に新しい眼差しを向けるエクササイズを6組のゲストとともに行いました。成果発表を、SHIBAURA HOUSEおよびロンドンで開催しました。電子書籍化されたアーカイブをiPadアプリにてご覧いただけます。
・日本語版 http://bit.ly/Qy0cpf
・英語版 http://bit.ly/1nDopqr

The first season CRITICAL STUDIO 2012-13 entitled “HUMAN PRACTICE.” We held workshops by 6 international guests to turn a new view point to everyday life. It came to an end with a presentation and exhibition at SHIBAURA HOUSE and in London. You can download its archive as an free app, titled HUMAN PRACTICE Archive, for iPad.
・Japanese http://bit.ly/Qy0cpf
・English http://bit.ly/1nDopqr

TITLE is ”CITY TALES”

今シーズンのCritical Studioのタイトルは”CITY TALES”。国際的に活動するリサーチャー、建築家、デザイナー、それにジャンルを超えたリフォーマー (Reformer)を計7組招き、連続的なワーク ショップを開催します。彼らの方法論を吸収しながら、都市空間を魅力的にするためのクリエイティブな提案を考えます。

This season’s title is “CITY TALES”. We will invite 7 international guests such as researchers, architects, designers and reformers to hold serial workshops. Participants will learn methodology from the guests and make a creative proposition towards urban spaces.

PROGRAM

6か月間のプログラムは3つのフェイズに分かれます。各フェイズにはテーマが設けられ、ゲストによる3回のワークショップとモデレーターによる1回のラップ アップから構成されます。ラップアップでは参加者によるショートプレゼンテー ションとモデレーターによるフィードバックを行い、理解を深めます。

This program will be structured for a six months period divided in three phases. Each phase consists of three workshops by guests and a wrap-up, which participants give short presentations and the moderator gives a feedback.

PERIOD

2013年9月 → 2014年2月 *隔週土曜日開催(変更になることもあります)
September 2013 → February 2014 *held on every other Saturday(schedule is subject to change)

PHASE

9-10月 “GLOBAL + REGIONAL”

世界の都市を俯瞰するとともに、地域のありかたについても考察するリサーチ フェイズ。都市空間における問題点を探し、ソリューションの「種」をみつけます。

September – October “GLOBAL + REGIONAL”

As a research phase, participants take a look both global cities and regions. They will find problems in the urban space and seeds to solve the problem.

11-12月 “COMMUNITY”

都市のコミュニティレベルで、ユニークなプロジェクトを実践するゲストを招聘。参加者は彼らの思想やプロセスに触発されながら、さまざまなアイディアやイメージを交換します。

November – December “COMMUNITY”

we will invite guests who do unique projects at a community scale for this phase. Participants will be inspired their thoughts or processes of projects so that they can exchange ideas and images with guests.

1-2月 “PROPOSITION”

アイディアを具体的な提案に落としこむ最終フェイズ。プランの実現性を高めるためのマネジメントやプロモーションメソッドを学びます。

January – February “PROPOSITION”

As a final phase, participants will make a specific proposal from their ideas. To increase the feasibility, participants will learn about management and promotion methods from guests.

3月・5月 “EXHIBITION”

3つのフェイズを経てまとめられた提案は、最終的に東京(SHIBAURA HOUSE・3月)とアムステルダム(LLOYD HOTEL・5月)において発表されます。

March, April “EXHIBITION”

After the six-month workshops, we will hold a presentation and exhibition at SHIBAURA HOUSE in Tokyo (in March) and LLOYD HOTEL in Amsterdam (in April).

* 予定は変更される可能性があります。
* The schedule is subject to change.

MODERATOR

・Julian Worrall
www.lllabo.com

GUEST

Phase1
・Edwin Gardner [Monnik]
monnik.org
・Daan Roggeveen
・Moriko Kira
www.morikokira.nl
Phase2
・Suzanne Oxenaar
・Chris Palmieri [AQ]
www.aqworks.com
・Hans Vermeulen [DUS architects]
www.dusarchitects.com
Phase3
・Yuko Hasegawa [MOT]
www.mot-art-museum.jp

and so on

APPLICATION

参加費
税込99,800円(分割払い応相談)
対象
20~30代 、国籍・専門分野不問、基礎英語力のある方(ワークショップは英語で行います)
定員
40名(面接を行います。遠方の場合はskype等を使用)
申込期間
7月8日〈月〉 → 10月31日〈木〉
申込方法
下記の必要書類を、メールまたは郵送にて下記宛先までお送りください。なお、お申込前のご質問、ご相談も随時受け付けます。

*必要書類:履歴書(顔写真付き)、志望動機(200字以内)、将来の夢・今後の展望(200字以内)、ポートフォリオ(形式自由)
*締切:郵送:10月30日〈水〉消印有効、メール:10月31日〈木〉17時必着
*郵送の場合、ポートフォリオはご返却いたします。
*メールで送付の際は、添付ファイルを3MB以内でお送りください。

Participation Fee
99,800JPY(tax in / payable on an installment plan)
Qualification
20s and 30s / regardless of nationality and fields / basic English ability required
Capacity
up to 40 persons *with applicant screening by interview
Application Period
July 6 Monday → October 31 Thursday
How to Apply
Applications should be submitted by post or via email to the following address. Please attach your resume with photo, reason for applying (50 words), future prospect (50 words) and portfolio (returnable). For further information or questions, please feel free to contact us via email.

* Application due date: By post, postmarked by October 30. Via email, October 31 at 5pm.
* The attachment of email should have a maximum capacity of 3 MB.

お問い合わせ(書類送付先)| CONTACT ADDRESS

SHIBAURA HOUSE内 「CITY TALES」事務局
〒108-0023 東京都港区芝浦3-15-4 Tel.03-5419-6446

SHIBAURA HOUSE ”CITY TALES”office
3-15-4 Shibaura Minato-ku, Tokyo 108-0023

info@shibaurahouse.jp
www.facebook.com/criticalstudio.citytales

運営 | MANAGEMENT

SHIBAURA HOUSE

助成 | GRANT

在日オランダ王国大使館 | Embassy of the Kingdom of the Netherlands in Tokyo
平成25年度港区文化芸術活動サポート事業助成 | Granted by FY2013 Minato Support Program for Art and Cultural Activities

協力 | COOPERATION

The New Institute
LLOYD HOTEL & Cultural Embassy

Illustration: Tom Ngo