HOME > COMMUNITY >

「夏のオープン・ダンスワークショップ」

2016.09.10

BY 岩中可南子

8月1日から7日までの1週間、Dance Port SHIBAURA(ダンスポート・シバウラ)関連プログラムとして「夏のオープン・ダンスワークショップ」を開催しました。ダンス経験者から初めての方まで、誰でも参加できるワークショップです。「身体の可能性を探る」「自分のリズムを見つける」「空間とあそぶ」という3つのテーマで、3種類のワークショップを行いましたので、それぞれのレポートを掲載します。

Workshop 1「根づくカラダと夢見るカラダ」

8月1日と2日は、講師にダンサー/ロルファーの楠美奈生さん、ダンサー/ヨガインストラクターの尾形直子さんをお迎えし、「根づくカラダと夢見るカラダ」という名前のワークショップを行いました。ダンスのワークショップというよりも、その手前にある、”身体の可能性を探る”ことをテーマにしたボディワークで、ダンスが好きな方だけでなく、スポーツをしている方、身体のバランス感覚を整えたい方等が参加しました。

ボディワークでは、呼吸法に基づいたプチ瞑想やストレッチを行いながら、普段意識しない身体のすみずみまで丁寧にほぐしていきました。特に、足は入念に。足の指の骨1本1本をゆっくり開いていったり、足の裏を刺激して意識を向けることで、歩いた時の感覚が驚くほど変化しました。「足の指がバラバラなものだと感じる」「足の中に空気が通り抜けるよう」等、参加者からは色々な感想が出ました。

タイトルの「根づくカラダ」と「夢見るカラダ」とあるように、足腰のバランスを整え、地面にしっかり重心を置くことで安定し、他の部分の力が抜けて、身体が軽く、自由に動くようになりました。エクササイズ前と後に同じように歩いてみたところ、どこかぎこちなかった歩行が、最後にはとてもスムーズになり、そこから手を自由に動かしたり、表現へと近づけていきました。



Workshop 2「リズムとカラダ」

8月3日・4日の2日間セットで行ったWorkshop 2「リズムとカラダ」の講師は、ダンス・ポート・シバウラでも振付けを担当するダンサーの井上大辅さんと、パーカッショニストのはたけやま裕さんです。

このワークショップのテーマは、"自分のリズムを見つける"こと。どんなリズムが自分にとって心地よいか、リズムが変わるとどう身体が変化するかは、人それぞれです。個々人が生活を送る上で自然と身に付いている身体感覚としてのリズム感を、生の打楽器演奏を取り入れながら、発掘していきました。

ワークショップ後半では、「待っている間にストレッチする」「身振り手振りで話す」「話し終わると顔がゆるむ」など、普段の自分の動きや癖を出し合って、気になった動作をピックアップ。そうした動作を取り入れ、ペアワークとして展開。最後には、井上さんの演出と、はたけやまさんのカホンの演奏の中、参加者全員によるひとつのショートピースを創りました。

それぞれ違ったリズム感で暮らしている人たちが、どうやってダンスの中で共存できるか。その違いをあえて楽しんだり、時には同調したり。リズムをテーマに、人と一緒に踊ることを通して、自分の身体感覚を探求したワークショップでした。



Workshop 3「ばらしば ばらうら ばらおどり」

そして「夏のオープンワークショップ」の3つ目は、8月5日・7日の2日間セット、ストウミキコさんによる「ばらしば ばらうら ばらおどり」です。1日目は「ばらばらからだ」「かいだんリレー」「うそっこ影っこ」など、みんなであそびながらダンスをつくり、2日目は、1階~5階をぜんぶ使った発表会。参加者は小学生から大人まで、ダンス未経験の人も多い中、SHIBAURA HOUSE全館を移動しつつ、空間をめいっぱい使ってあそびました。

ゲームには、リズムをキャッチボールするもの、相手の影になって動きを真似するもの、粘土になった身体を自由に動かすもの等。どれも簡単にできるけれど、ひとりでは出来ないものばかり。思わず相手の動きにつられたり、ストーリー性が生まれたり、参加者の個性や癖がそのまま動きに表れて、それが動きの面白さを増します。

3Fテラスを客席に見立てて中で踊る人を鑑賞し合ったり、階段を登りながらダンスをしたり、広い空間の中にあえて狭いスペースをつくったり。このワークショップに集まってくれたメンバーだからできること、そしてSHIBAURA HOUSEの空間だからできることを、みんなで思いっきり楽しんだ2日間でした。



そしていよいよ秋からは、市民参加型ダンスカンパニー「ダンスポート・シバウラ」の活動もスタートします。日々の稽古の様子は、ダンスポート・シバウラの特設サイトのブログで紹介していきますので、こちらもあわせご覧ください。


ダンスポート・シバウラ 2016
主催:SHIBAURA HOUSE
助成:平成28年度港区文化芸術活動サポート事業助成

ポスト一覧に戻る

おすすめのポスト

レポート

nl/minato_ジェンダー「Personal is Political -私の生き方、社会の在り方-」

2017年7月29日(土)にnl/minatoのプログラムとしてジェンダーをテーマとしたイベント「P続きを読む

BY 元行まみ / 2017.07.29

レポート

nl/minato_LGBT「ダイアローグ・オン・カミングアウト」

BY 大角奈央 2017年3月11日にnl/minatoのプログラムの一環として「ダイアローグ続きを読む

BY 大角奈央、元行まみ、松井秀子 / 2017.03.11

レポート

nl/minato_LGBT 「ゲストと語る夕食会 -クン・ファンデイク氏を囲んで- 」イベントレポート

COC Netherlands代表のクン・ファンデイクさん(右)と国際プログラムマネージャーのブ続きを読む

BY 木村文香 / 2017.03.10

レポート

まちで出会い、みんなでつくる“わいわいカレーキッチン”

季節外れの台風や雨模様の1週間のあと、さわやかな秋風とともに「わいわいカレーキッチン」いよいよキック続きを読む

BY 韓 亜由美 / 2016.10.17

レポート

フレンドシップ2016「踊る人形」~時間の絵をつくろう~ レポート

9月30日、SHIBAURA HOUSEフレンドシップ・プログラム2016の一環として「踊る人形/時続きを読む

BY 松本力 / 2016.10.01