HOME > COMMUNITY >

SHIBAURA HOUSEのサウンドスケープ

2016.09.01

BY 岩中可南子

SHIBAURA HOUSEは2016年7月で、創立5周年を迎えました。

5周年関連企画として、昨年度フレンドシップ・プログラムの一環で音楽をつくるワークショップとパフォーマンス公演を行ったバンド「サンガツ」と一緒に、SHIBAURA HOUSEの音づくりを行いました。

音づくりのプロセスとして、下記の2つを通してSHIBAURA HOUSEで奏でられた音を収集し、さいごに一曲の音にまとめました。

1. 音の採集(フリースペース内での音のあそび)

期間中、1Fのフリースペース内にベルやチャイム、打楽器など、音の出る"しかけ"を用意。
階段をのぼりながら、水をコップに汲みながら、椅子に座りながら...いつもの動作の延長で音を出せる仕組みをつくり、レコーダーで録音をしました。

お昼休みにご飯を食べに来る会社員の方や、近所の子どもたちやお母さんといったいつもの利用者の方たちから、SHIBAURA HOUSEで働くスタッフや関係者の方まで。楽器を鳴らす音や話し声など、さまざまな音が集まりました。

2. サンガツの音楽をつくるワークショップ

また、7月29日(金)には、サンガツによる「音楽をつくるワークショップ」を行いました。

「大きな音と小さな音を出す」「言葉を音にする」「図形から音を考える」など、いくつかのルールに沿ってあそびながら音を出します。楽器がひけなくても、楽譜がよめなくても、誰でもゲーム感覚で音楽をつくれるので、小さいお子さんから大人まで、どなたでも参加できる内容です。

午後は親子向け、夜は大人向け、計2回のワークショップを行い、そこで奏でられた音も同じく録音しました。





さいごには、フリースペースの音の仕掛けとワークショップで集めた音をまとめて、サンガツの小島創太郎さんの編集で60分の音源に仕上げていただきました。

笑い声や子どもの声が混じる普段の様子から、ワークショップでつくったアンビエントな音まで、さまざまなSHIBAURA HOUSEの"音"が楽しめる楽曲になっています。

"SHIBAURA HOUSE のサウンドスケープ"は、こちらからお聴きいただけます。どうぞお楽しみください。
 

ポスト一覧に戻る

おすすめのポスト

レポート

nl/minato_LGBT「ダイアローグ・オン・カミングアウト」

BY 大角奈央 2017年3月11日にnl/minatoのプログラムの一環として「ダイアローグ続きを読む

BY 大角奈央、元行まみ、松井秀子 / 2017.03.11

レポート

nl/minato_LGBT 「ゲストと語る夕食会 -クン・ファンデイク氏を囲んで- 」イベントレポート

COC Netherlands代表のクン・ファンデイクさん(右)と国際プログラムマネージャーのブ続きを読む

BY 木村文香 / 2017.03.10

レポート

まちで出会い、みんなでつくる“わいわいカレーキッチン”

季節外れの台風や雨模様の1週間のあと、さわやかな秋風とともに「わいわいカレーキッチン」いよいよキック続きを読む

BY 韓 亜由美 / 2016.10.17

レポート

フレンドシップ2016「踊る人形」~時間の絵をつくろう~ レポート

9月30日、SHIBAURA HOUSEフレンドシップ・プログラム2016の一環として「踊る人形/時続きを読む

BY 松本力 / 2016.10.01

レポート

「夏のオープン・ダンスワークショップ」

8月1日から7日までの1週間、Dance Port SHIBAURA(ダンスポート・シバウラ)関連プ続きを読む

BY 岩中可南子 / 2016.09.10