HOME > イベント >

「踊る人形 」時間の絵をつくろう

09/30
(金)
参加受付締切

どんなイベント?
子どもの頃におもっていたのは、今日おもしろいと感じたこと、このすてきな気持ちを、明日に持っていけるだろうかということです。映像は、時間(記憶)にかたちを与えるとおもいます。 それぞれの心が観る記憶のかたちでアニメーション(映像)をつくることを通じて、人と人の町の中でのつながりを想像します。
9月30日の完成作品上映会では、音楽家VOQと松本力の音楽とアニメーションのライブ形式で発表します。また、アーカイヴとして、後日、YouTubeにアップロードします。 

もっとくわしく
ワークショップではまず、ポージングをしてそれをドローイングする、あるいは今日自分がこのまちで見たもの、印象に残っているひと・もの・仕草を長い紙の端に1つだけ描きます。それを別のひとが真似をして隣に複数のイメージを描き連ねていき、段々と変化をつけてアニメーションにしていく、といった絵巻物方式です。
絵が上手である必要はありません。大切なのは描いていく作業の中で物語を作りだし、その想像力や考え方を繋いでいくということ。果たして、芝浦のまちではどんな物語が紡ぎ出されるでしょうか?

過去のワークショップ作品はこちら
踊る人形「多摩川のオープンアトリエ」

絵巻物コーナー設置中!
1Fフリースペースにて、誰でも自由に描ける絵巻物コーナーを設置しています!お立ち寄りの際はぜひ描いてみてください。描いていただいた絵は本番のワークショップでも使用させていただきます。


詳細
【日時】
9月30日(金)
17:00-21:00 ワークショップ/ 21:00-22:00 上映ライブ
SHIBAURA HOUSE 1F

【参加費】
1,000円
ドリンクはキャッシュオンでお求めください。
*上映ライブのみのご参加はワンドリンク購入で、無料でご覧いただけます。

【スケジュール】
17:00-17:10 オリエンテーション
17:10-17:40 第一部 ポージング&ドローイング
17:40-18:40 第二部 描く・アニメーション
18:40-19:00 休憩
19:00-20:00 第三部 編集 
21:00-22:00 上映ライブ 

【お申し込み】
お名前、ご年齢、ご職業、お住まい(区)、ご連絡先をご記入の上、下記メールアドレスまでご連絡ください。
teo_chikara@ybb.ne.jp


本イベントは、SHIBAURA HOUSEフレンドシップ・プログラム2016の一環として開催いたします。

当日のプログラム内容

09/30(金) 17:00 〜 22:00
「踊る人形 」時間の絵をつくろう

詳細▼


松本力/絵かき、映像・アニメーション作家

1967年生まれ、1991年多摩美術大学美術学部GD専攻卒業。再生紙にコマ割りのドローイングを描き、透過光を加えビデオ撮影する独自の手法で「時間の絵」によるアニメーション的映像表現を目指す。異なる表現者との共同制作も多く、特に音楽家・オルガノラウンジやVOQ(本多裕史)との空間表現を国内外で行う。また、手製映像装置「絵巻物マシーン」によるワークショップを学校や美術館などで積極的に実施している。
http://chikara.p1.bindsite.jp/


VOQ(本多 裕史/音楽家)
1976年生まれ、千葉大学工学部建築学科卒/千葉大学大学院工業意匠科修士課程卒。エレクトロニカユニット「オルガノラウンジ」のボーカルとして活動。2010年よりソロ名義VOQ(ボック)をスタート。オルガノラウンジ時代から活動を共にしてきた、映像作家・松本力と共に映像と音のライブを継続して行いつつ、美術展や写真展のサウンドデザイン、映像作品への楽曲提供や共作、美術専門学校での音楽の授業などを行っている。ライブパフォーマンスにおいては、リアルタイムで作る声や手拍子などのループに歌を乗せていく手法により、詩的で生々しくかつ芸術的な美しい音像空間を作り出すことを目指している。
http://organ-o-rounge.org/voq/
 

お問合せ先

teo_chikara@ybb.ne.jp

おすすめのイベント