HOME > イベント >

地域社会の変化 : 芝浦コミュニティーのヴィジョン

06/09
(土)
予約なしOK

どんなイベント?

このワークショップは東京湾岸の人工島である、芝浦三丁目の島の在り方を見直すことを焦点としています。東京 湾岸の埋め立て地と無数の人工島は、政治政略的、経済的、また文化的な理由にて発展してきた背景があ ります。 バブル経済が破綻してからおよそ30年あまりが経ち、経済成長が緩やかになるにつれ、新たな経済現象として国 際化と情報化社会を迎え、クリエイティブ・地域社会への認識が問われるようになってきました。 芝浦一帯は産業経済で栄えた背景があります。私たちはこの芝浦三丁目の島が、これから来たる脱経済時代 にどのように発展してゆくか、考察をしたいと思っています。あなた自身の芝浦の認識と将来へのヴィジョン・展望が焦 点です!五感を研ぎ澄ませるエクササイズ、鋭くなった五感を使った体験を通してこの街を探索しましょう。

こんな体験したことがないんだけど? ご心配なく!年齢も経験も関係なくご参加いただけます。様々な方々による、多様な結果を期待しています。準備や 資格は要りません。一緒に現在の芝浦を再確認してみましょう!

プログラム

ウォーミングアップ :

様々な体のパーツを使って街の環境に意識を向ける。感覚的・体感的な経験にご期待ください!

ウォーミングアップ 

空間の認識:

聴覚を研ぎ澄ますことで、私たちの芝浦三丁目の島の認識を試す。その印象を創造的に、写真と紙に書き出す。こ の体験から次のエクササイズに繋がる可能性を秘めた場所を探し出します!

空間の認識

ヴィジョン :

最後に想像力を使い、私たちの考える芝浦を描きます。「空間の認識」で発見した場所に、個々のヴィジョンと想 像力を使って想い描いた芝浦を写真と絵によって表現します。

ヴィジョン :

これらの体験にランチタイムとディスカッションを含めた一日となります。

場所・アウトプット

このワークショップにてみなさんによって創り出された作品はShibaura Houseに展示されます! また、みなさんの感じた地域の印象とアイディアから芝浦地域マップを一緒に作りましょう!

SHIBAURA HOUSE 1F Community Space

講師

クラウスと千村は都市計画の観点から、地元住民による地域活性化の研究をしています。 Shibaura Houseの 協力のもと、今回のワークショップの実現に至る。

ローレンツ・クラウス: ベルリン出身、建築学生。ベルリン工科大学より早稲田大学建築科修士課程に交換 留学中。
千村 梨恵: ロンドンのキングストン大学にてランドスケープデザイン学部課程を学ぶ。東京出身、スウェーデン在 住。

ローレンツ・クラウス + 千村 梨恵

二人は地域住民の目線から産まれるアイディアがどのように東京湾岸の地域発展に繋がるのかに興味がありま す。今回、場所を提供していただくShibaura Houseはコミュニティースペースとして地域の発展に貢献し、また周辺で 暮らす人々の憩いの場でもあります。地域に目を向けることの大切さを認識しているShibaura Houseとのコラボレーシ ョンで今回のワークショップの実現が可能となりました。

 

インフォメーション:

日時: 2018年6月9日(土)

時間:10:00 - 18:00

場所: 2F Shibaura House 108-0023 東京都港区芝浦3-15-4

当日のプログラム内容

06/09(土) 10:00 〜 18:00
地域社会の変化 : 芝浦コミュニティーのヴィジョン

詳細▼

ローレンツ・クラウス + 千村 梨恵

お問合せ先

千村 梨恵 -  rie.chimura@gmail.com

おすすめのイベント