HOME > イベント >

FISH TANK : Floating Sounds

02/20
(水)
予約なしOK

お酒を飲みながら英会話を楽しむイベントとして開催していたEnglish Barがリニューアル!月に1度、アート、デザイン、ダンス、音楽などクリエイティブな活動をしているゲストを招いて、多様な表現に触れるイベントがFISH TANKです。外国からのゲストも登場するこのイベントの共通言語はもちろん英語!これまで通り、月に1度の英語が話せる場としてもぜひご活用ください。SHIBAURA HOUSEという水槽に飛び込んで、多様な世界を泳いでみましょう!

Photo by Gijs Kooijmans

Floating Sounds :  Jarno van Es 

今月はアムステルダムを拠点に活躍するミュージシャンのヤルノ・ヴァンエスを招待し、実験的なライブパフォーマンスをSHIBAURA HOUSEで行います。ヤルノはピアニストで、自身のさまざまな体験のみならず、彼の演奏から観客が受けるさまざまな体験からもインスピレーションを得ています。彼は自分の音楽を聴く人々の姿勢を尊重、演奏する時は人々を包み込むような音の空間を作ることを心掛けています。

今月のFISH TANKでは、観客にも演奏に参加してもらいイベントを共に作ることで予測のつかない音楽体験を実現します。今回のFISH TANKはアーティストによる30分の短いプレゼンテーションから始め、今までのさまざまな体験や現在取り掛かっていることについて話していただきます。その後、休憩を挟み、1階をありとあらゆる音源で埋め尽くします。即興のジャムセッションをするために、観客に異なる音源を演奏してもらえば、リズムの探り合いが自ずと起き、新しい予測のつかない音楽がうまれてきます。

FISH TANKのコンセプトにピッタリな彼と一緒に音楽を創造する実験的な空間を作りたいと思います。音楽やアートに興味をお持ちの方、知らない人と今までに無い形で出会いたい方、みなさん一緒に泳ぎませんか?

アーティストの情報:

ヤルノ・ヴァンエス - “ピアノ巡礼者”

Photo by Marina Notrima

“ピアノ巡礼者”

1983年 オランダ(テルヌーゼン)出身8歳からピアノを始めるティルブルグ音楽院 ピアノ専攻 エレトロミュージック専攻卒業作曲家修士号取得

ピアノ巡礼者として、自ら録音機器を持ち運びこれまで多くの国を訪問旅の途中では出会った数々のピアノを奏でてきた

過去にはヨーロッパ諸国やアメリカ全土を訪れバーやホテル、劇場、教会、美術館さらには公園や公共の場など、多くの場で演奏を行う

ジャズやクラシック、ポップ・ミュージックを融合させた彼の音楽は瞑想的作品となって奏でられる
また既存の曲を演奏するだけではなく、ロマン派のメロディーや現代派のハーモニーを取り入れた、新しいジャンルの曲を即興で創作する事を得意とする

次は日本という新しい地で、観客の皆様と共に彼の音楽の旅がスタートしますぜひヤルノの世界観をお楽しみください

イベント詳細

 

◎日時:2019年02月20日(水)19:00-22:00 *途中入場、退席自由

◎参加費:エントランス・フィー ¥500。ドリンク、軽食はキャッシュオンでお求めください。

◎お申込み方法:予約不要。開催時間中にSHIBAURA HOUSEまでお越しください。

当日のプログラム内容

02/20(水) 18:00 〜 23:00
FISH TANK FEB

詳細▼

Jarno van Es :

https://www.jarnovanes.com/

お問合せ先

SHIBAURA HOUSE  
info@shibaurahouse.jp

おすすめのイベント