HOME > イベント >

OPEN ! FURNITURE カフェバー x LAND FES

09/26
(水)
予約なしOK

OPEN ! FURNITURE x LAND FES

パブリックスペースとパフォーマンスから生まれる新しい風景

「OPEN! FURNITURE」によって作られたパブリックスペースに、街なかを移動しながらライブセッションを楽しむことができる「LAND FES」を招聘。夜の運河沿いのスペースで、ダンサーとミュージシャンによるパフォーマンスを繰り広げます。オーディエンスは橋の上から眺めたり、ダンサー達と一緒に移動しながら楽しむことができます。一夜限りの公演ですが、予約不要・無料でどなたでも楽しんで頂ける設定になっています。

私達はこのイベントを通して公共空間の概念を捉え直し、新しい都市のランドスケープを創造することを目指しています。人々はこの公演に集まることで、これまで気にも留めなかった近隣に新たな側面を発見するかもしれません。ドリンク片手にライブセッションを楽しみながら、新しい風景を見出すきっかけになることを願っています。

 

OPEN ! FURNITURE について:

OPEN!FURNITURE(オープン!ファニチャー)は、街歩きや家具の制作、アートイベントなどを通して、港区のパブリックスペースの新しい可能性を発見するプロジェクトです。

今回の舞台は、芝浦地域のランドマークでもある運河。プロジェクトの中心となる新芝橋周辺は、地域の商店会がCANAL CAFEを出店したり、お祭りの会場として活用している場所です。商店会や地域の人々の協力のもと、大人から子供まで様々な世代を中心に、水辺で使える家具を制作します。

 

LAND FES について:

街からはじめるクリエイティブ

「LAND FES」は、さまざまな街を舞台に、街中を巡りながらダンサーとミュージシャンによる即興ライブセッションを体験するウォーキング形式のパフォーマンスイベント。2014年~18年には、調布市せんがわ劇場主催「JAZZ ART せんがわ」の同時開催イベントとして開催。また今年からは見慣れた都市の景観を普段とは違う視点から切り取り、ダンスと音楽で絵を描くプロジェクト「POSTCARDS」も始動。ダンスと音楽のチカラで非日常へと移り変わる街の景色、そしてそこに生まれるドキドキ&ワクワクを楽しんで♪

*OPEN! FURNITURE x LAND FESイベントでは、以下のパフォーマーを招待します:

ー 荒木 真<サックス> 

ー 飯森沙百合<ダンス>

ー 狩俣道夫<フルートほか> 

ー 小松睦<ダンス>

ー 清水博志<パーカッション> 

ー 細川麻実子<ダンス>

詳細は以下のプロフィールをご覧ください。

DETAILS:

日時:   09月26日 18:00 - 21:00

場所:   新芝橋付近、芝浦、〒105-0023 東京都港区芝浦3 丁目5−35

https://www.google.com/maps/place/Tamachi+water+Taxi+Stop/

対象:どなたでも、予約不要

参加費:無料

今後の予定
>>10月5日 OPEN!トーク
>>10月31日 OPEN!カフェバー

主催:OPEN!FURNITURE 実行委員会
助成:平成30年度港区文化芸術活動サポート事業助成
協力:SHIBAURA HOUSE / トラフ建築設計事務所 / 石巻工房 / CANAL CAFE / 芝浦三・四丁目商店会

当日のプログラム内容

09/26(水) 18:00 〜 21:00
OPEN ! FURNITURE x LAND FES

詳細▼

出演者 プロフィール

 

 

荒木 真<サックス> Shin Araki

これまでにアルバム“PRAYER”、“A SONG BOOK”等リリース。
akira kosemura、EXILE、haruka nakamura、畠山美由紀、いろのみ、永山マキ、坂本美雨、sawako、関口シンゴ、sugar me、東京フィルハーモニー交響楽団等で録音参加、楽曲提供、編曲等。 また、ダンス、写真、陶芸、服飾等とのコラボレーションを数多く行っている。
“Jazz Collective”の一員としてロシア政府より招聘を受け演奏

 

 

飯森沙百合<ダンス> Sayuri Iimori

神奈川県で生まれ育つ。幼少期に近所のバレエ教室に通ったのがきっかけで踊り始める。その後、様々なジャンルのダンスや人との出会いが繋がって、現在に至る。これまでに、co.山田うん、三東瑠璃、平原慎太郎の作品に参加。ミュージシャンとのジャムセッションや映像作品など、様々な場所で活動中。
Photo by Masabumi Kimura

 

 

狩俣道夫<フルートほか> Michio Karimata

沖縄県出身。米国Belmont大学で音楽理論と作曲を専攻。在学中に即興演奏とフリージャズに傾倒。卒業後新宿ピットインで演奏活動を始める。現在フリーフォームの即興演奏を中心に「愚弁」、「波流乱満地獄変」、等のユニットで活動中。発売中 CD"no umbrella, no tonguing, if not for the room" Bishop Records EXJP020

 

 

小松睦<ダンス> Mutsumi Komatsu

宮城県気仙沼市出身。幼少よりクラシックバレエを始める。日本大学藝術学部演劇学科洋舞コース卒業。在学中より加藤みや子に師事。2014年より平原慎太郎主宰OrganWorksに所属し国内外の作品に出演する。また、自作品へも力を入れる他、MV出演や音楽家とのコラボレーション、映像作家との共同作品制作なども展開。活動の幅を広げている。

 

 

清水博志<パーカッション> Hiroshi Shimizu

パーカッショニスト、インプロヴァイザーとして東京をベースに活動。主に打楽器の演奏を通じて時間や人や人以外のものと関わっている。民族楽器から電子楽器、時に日用品やガラクタなどを使い即興演奏を軸に多岐にわたるバンドで活動する傍ら様々なアーティストと共演。パペットシアターやパフォーマンスチーム △ (sankaku) のメンバーとして海外でも公演やワークショップを行う。phonografferとしてフィールドレコーディングを使った演奏の他アナログな手法を駆使した楽曲、音響の制作、また近年は音楽でなく純粋に音そのものに対する興味からリズムによって世界を捉える試みとして演奏以外の手法での表現も模索している。

 

 

細川麻実子<ダンス> Mamiko Hosokawa

studioCOMMU運営

加藤みや子ダンススペースメンバー ベルギー留学後、スタジオ運営、振付・指導を本格的に始動。コンクール振付作品受賞。高齢者チェアエクササイズ選手権で優秀賞。親子、役者等を対象としたワークショップを実施し、体を使う事の可能性を広げている。近年ではミュージシャンとのコラボ企画に参加。

お問合せ先

www.shibaurahouse.jp

Please contact us at  :  info@shibaurahouse.jp

おすすめのイベント