HOME > イベント >

オランダ移住で見えたこと

04/05
(金)
参加者募集中

どんなイベント?

三年前、放送局での安定した会社員生活にピリオドを打ち、 社会システムの進んだ国をめざしてオランダに渡った鈴木家。 今も人口が増え続ける小さな国で、未来を見つめています。 この国の豊かさは、どこから来ているのでしょうか。オランダの先進性、未来性について、私の仮説を検証していきます。





私が海外移住を考え始めたのは、東日本大震災の二年後。記者として仕事をしていた私は、政治や社会の状況を見るにつけ、このまま日本にいては未来がないと感じるようになりました。
https://note.mu/napacat/n/nd5ad09f6f291

まずは、信頼できる政府や社会であること。正しい情報にアクセスできる社会であること。そのために、社会のしくみが進んでいる「先進国」に住みたい、と考えました。そして、自分たちが生活を楽しめそうなところ。ご縁があったのが、オランダでした。

ここから、自分と家族の第二の人生をどう歩んでいくか、という大きなテーマに取り組むことにもなりました。はじめての海外生活。はじめての起業。はじめての移民。バイタリティの塊のような私でも、現実は厳しく、ここまでの道のりは決してやさしくはありませんでした。



あれから二年半、子どもも生まれて、もうすぐ二歳になります。オランダでの仕事や生活も、ようやく落ち着いてきました。「本当のこと、もっとだいじなこと、ためになることを伝えていこう」とテレビ局をやめて日本を離れた私が、そろそろ伝え始める時だと思えるようになりました。



社会、子ども、教育、地域、福祉、医療、インフラなど、オランダで暮らしていると、自分が近未来にいる感じがします。目に見える未来的なものの後ろ側にはなにがあるのでしょうか。私のまわりのオランダ人を巻き込んで、考えをまとめてみました。「未来社会オランダ」をいっしょに探ってみましょう。




詳細
日時:4月5日(土)19:00〜21:00
場所:SHIBAURA HOUSE 1F(JR 田町駅徒歩 7 分)
参加費:2,000 円
お問い合わせ・お申し込み:napacat1976@me.com
主催・話し手:鈴木隆秀
後援:オランダ王国大使館

 

当日のプログラム内容

04/05(金) 19:00 〜 21:00
オランダ移住で見えたこと

詳細▼



鈴木隆秀
東京学芸大学卒業後、静岡第一テレビに入社。東日本大震災と記者経験を通じて社会に疑問を持ち、 独立してオランダ移住。現在、ライデン大学人文学部日本学科講師、アムステルダム日本語補習校教諭。 また、静岡茶の輸入卸業を展開しながら2年間でお茶のワークショップを約 100 回開催しているほか、 静岡 FMで毎週金曜放送の「武良静枝の Mooi!オランダ」を制作している。長男はオランダ生まれの1歳。

お問合せ先

お問い合わせ・お申し込み
napacat1976@me.com

おすすめのイベント

2019.04.22(月)開催

Lunch Time English

2019.04.23(火)開催

しゅんさくの部屋

2019.05.07(火)開催

しゅんさくの部屋

2019.12.31(火)開催

HOMEWORK CIRCLE