HOME > イベント >

NEW IDEAS FOR A BETTER WORLD

09/07
(土)
参加者募集中

どんなイベント?

オランダの"What Design Can Do"創設者、リチャード・ファン・デン・ラーケンさんを東京に招聘してイベントを開催します。

アムステルダム発の「What Design Can Do(以下、WDCD)」は、タイトルが示す通りのプラットフォーム。"デザインが社会(課題)に対して何ができるか"をテーマにしています。たとえば、気候変動や移民問題、さらにはアクティビズムのデザインなど・・・。年一度のペースで開かれるライブイベントでは、デザインと社会課題が絡むプロジェクトのプレゼン、クリエイターと社会課題のマッチング、コンペティションなどが行われています。

数年前、私達がアムステルダムを訪れた際にも参加した「WDCD」。市内のあちこちでイベントのポスターが貼られるほど盛り上がりを見せていました。劇場で開催されたライブイベントでは、朝から夕方までスピーカーが代わる代わる登壇。加えてその合間を縫って特定のトピックに関するカンファレンスも開催されていました。非常に濃密な時間で、スピーカー、観客の熱気がすごかったことを覚えています。

2014年からスタートした「WDCD」。現在ではクリエイティブ関係者の間では知らない人はいないプラットフォームとして認知されています。もはや、このイベント自体が現在の社会課題を皆に知らしめるインフルエンサーのような役割を果たしている印象すらあります。

 

東京に呼ぶ理由

今回、SHIBAURA HOUSEが招聘する理由はとても単純です。それは「こんなイベントが東京でもあったらいいな」という率直な思いです。

言うまでもなく、東京には数多くの優秀なクリエイター、またそれを志す若い人達がいます。その一方で、私達の身の回りにはさまざまな社会課題も多くあるのも事実。ただし、その間につながりがあるかといえば、それはまだまだ希薄なように映ります。世界的な潮流からみても、ここが非常に遅れているかもしれません。もう"デザイン"が広告や建築だけに使われる理由はないのです。

とはいえ、日本のデザイン教育の過程においても、社会に出てからの「業界」においても、自ら目を向けなければ社会課題に対する接点を見出すのは難しいように感じます。しかし「WDCD」で紹介されるようなプロジェクトを眺めてみると、デザインが何かの問題を解決に導く可能性、もしくはデザイナーとしての職能がもっと社会にとって有用であることに気付かされます。

私達としては今回の招聘がそのような”欠落"を埋める何かのきっかけになることを期待しています。

 

こんな方におすすめ

・デザイナーとしてもっと社会に関わっていきたいと考えている人

・昔から同じカリュキュラムを提供している大学(デザイン系)の先生

・NPO、NGOを運営しながらも「デザイン」不足で苦労している人

・オランダの文化や社会に興味がある人

 

開催イベントについて

トークイベント「NEW IDEAS FOR A BETTER WORLD」

◎  9/ 7〈土〉14:00 - 16:00

リチャード・ファン・デア・ラーケンさんによるトークを中心にしたイベントです。「WDCD」のコンセプトや運営方法をはじめ、「WDCD」から誕生したいくつかの優れたプロジェクトも紹介してもらいます。またグラフィックデザイナーとして活動していた彼がどのようにしてこのプラットフォームを立ち上げたのか、というパーソナルな視点でも話を伺います。

参加費:一般  2,000円、学生 1,500円│逐次通訳あり│要事前申し込み(定員60名)

*参加を希望される方は、このページ内の「参加する」ボタンからお申し込みください。

 

 

「SPEED DATES - 明日のために、今日出会う-」

◎ 9/ 7〈土〉16:30 - 18:00

同日14:00から開催されるトークイベントに参加される方のみ、お申込みができるイベントになります。こちらでは「WDCD」が現地で開催しているようなマッチングイベントを体験できます。リチャードさんが考案するガイドラインに基づいて、お互いが出会う場を用意します。

デザイナーがソーシャルベンチャーと出会ったり、コラボレーションできそうな仲間を見つけたり・・・。オランダ流の雰囲気で演出される、ちょっとドキドキする出会いの場。恥ずかしがらずにご参加ください。


参加費:無料(トークイベントに参加された方のみご参加可能)│逐次通訳あり│要事前申し込み(定員40名)*参加を希望される方は、上記トークイベントの申し込みの際、「SPEED DATES 参加希望」の旨をご記入ください。


お申し込み方法
参加ボタンよりお申し込みください。

当日のプログラム内容

09/07(土) 14:00 〜 16:00
トークイベント「NEW IDEAS FOR A BETTER WORLD - デザインが社会にできること-」

詳細▼

      

リチャード・ファン・デア・ラーケン 
Richard van der Laken
 

リチャード・ヴァン・デア・ラーケン(オランダ)はグラフィックデザイナーであり、What Design Can Do の創設者。2010年に立ち上げたWDCDはアムステルダムを拠点に、デザインが社会に与える影響を紹介する国際的なプラットフォームとして活動している。

また、デザインエージェンシーのDe Designpolitieの共同運営者でもあり、その作品はStedelijk Museum(アムステルダム)やMOMAなどでも展示され、高い評価を受けている。


https://www.whatdesigncando.com 

お問合せ先

nl/minato
info@nlminato.org

おすすめのイベント

2019.08.27(火)開催

しゅんさくの部屋

参加する