HOME > イベント >

OPEN!FURNITURE 2019

10/19
(土)
参加受付締切
11/08
(金)
参加受付締切

OPEN! FURNITURE について
OPEN! FURNITURE(オープン! ファニチャー)は、街歩きや家具の制作、アートイベントなどを通して、港区のパブリックスペースの新しい可能性を発見するプロジェクトです。今回は港区のコミュニティスペースや神社、個人商店などと連携し、まちの中を舞台としながら、それぞれの拠点で誰でも使える家具(パブリックファニチャー)を制作します。家具をコミュニケーションのツールとしてそしてそこに集う人たちが交流できる場や地域の中に安らげる場をつくっていきます。



みんなで使えるベンチを一緒に作ろう!
昨年は芝浦3・4 丁目商店会の協力を得て、新芝橋付近のスペースに、運河を眺めながら使える家具を制作。地域の人が集まる場所やダンスイベントやコンサートなどのイベントを実施してきました。

今年のOPEN!FURNITUREでは、まちや人との新しいつながりを創造する新しいプラットフォームとして、公共的に使える家具を様々な場所に設置していく予定です。8月から9月にかけて行った「OPEN! CALL オープンコール」では、家具を設置する協力先を募集及びリサーチを行いました。芝浦エリアと三田エリアを中心に選定した12の協力先は、神社、八百屋さん、酒屋さんといった個人商店、地元のレストラン、カフェ、バスの停留所付近のスペースなど、多様な場所です。9月に行ったフィールドワークで、家具を設計するデザイナーや職人と共に、全ての場所を訪問し、設置場所の測定や家具の数・デザインの選定を行いました。




OPEN!ワークショップ  - 地域で共に使うことができる家具を一緒に完成させましょう! 

10月19日(土)10:00-16:00
トラフ建築設計事務所や石巻工房、SHIBAURA HOUSEにおいて、それぞれコミュニティワークの紹介を行います。そしてフィールドワークを経てデザインしたベンチを、参加者の方々と一緒にSHIBAURA HOUSEで組み立てます。まちの中に置くパブリックファニチャーを私達と一緒に制作しませんか?完成後は、各場所に訪問して設置を行います。

こんな人にオススメ
● DIYや工作が好きな方、日曜大工の腕が鳴る方
● 各地でのワークショップについて、建築家や家具職人視点から話を聞いてみたい方
● 近所にお住まいの方、芝浦や三田などの地域やまちづくりに関わってみたい方

対象:小学生以上、未就学以下は保護者同伴で可
参加費:〔一般〕1,500円 /〔港区在住・在勤〕〔学割〕1,000円
集合場所:SHIBAURA HOUSE 1F
お申し込み:「参加する」ボタンから必要事項を記入の上お申し込みください

※家具完成後はOPEN! FURNITURE設置場所のマップを制作する予定です。
設置場所を巡るツアーなども計画しています。

OPEN!サミット

11月8日(金)19:00-22:00
今回のプロジェクトをより多角的に振り返るため、参加者や関係者を招いてレビューを行います。市民のまちへの参画や、建築家によるデザインプロセス、地域コミュニティについて各事例を紹介しながら考える機会にします。SHIBUARA HOUSEで皆さんと一緒に作った家具を紹介しながらレビューを行い、運河(新芝橋付近)でアフターパーティーを開催予定です。

対象:小学生以上、未就学以下は保護者同伴で可
参加費:〔一般〕1,500円 /〔港区在住・在勤〕〔学割〕1,000円
集合場所:SHIBAURA HOUSE 1F
お申し込み:「参加する」ボタンから必要事項を記入の上お申し込みください



雨天決行、当日の状況はSHIBAURA HOUSEのFacebookページTwitterにてお知らせします。

主催:一般社団法人 東京文化センター
助成:令和元年度港区文化芸術活動サポート事業助成
協力:SHIBAURA HOUSE / トラフ建築設計事務所/ 石巻工房
木材協力:チャネルオリジナル

当日のプログラム内容

10/19(土) 10:00 〜 16:30
OPEN!FURNITURE 2019

詳細▼

11/08(金) 19:00 〜 21:00
OPEN!FURNITURE 2019

詳細▼

プロジェクトの背景
OPEN!FURNITUREは、SHIBAURA HOUSEのメンバーが中心となり、トラフ建築設計事務所や石巻工房、芝浦三・四丁目商店会の皆さんと一緒に立ち上げたプロジェクトです。芝浦に集う人たちと協働しながら、ユニークな家具を公共空間に設置することで、水辺をより素敵な場所へと変えていきます。

プロジェクト・メンバー

SHIBAURA HOUSE
社屋の建て替えを機に2011年に竣工。製版をはじめ大型プリンターでの出力や、パッケージデザインを主にしたデザイン事業を手がける。コミュニティスペースとして地域との関わりをつくる一方、海外のグループや大使館と連携しながら、イベントやワークショップを行う。


トラフ建築設計事務所
鈴野浩一と禿真哉により2004年に設立。建築の設計をはじめ、ショップのインテリアで事案、展覧会の会場構成、プロダクトデザイン、空間インスタレーションやムービー制作への参加など多岐に渡り、建築的な思考をベースに取り組んでいる


石巻工房
「地域のものづくりの場」として2011年に誕生。デザインの力でDIYの可能性を広げる家具ブランドとして、また地元の人々の自立運営する産業として、地域を活性化する起爆剤になることを目指している。

 

お問合せ先

info@shibaurahouse.jp(担当:元行)

おすすめのイベント