HOME > イベント >

ダーニングと継ぎはぎ <つくらふ倶楽部>

10/19
(土)
参加受付締切

お直し・修繕を、もっと身近にしたい人集まれ!

日本が元々もっていた「もったいない」「ものを大事にする」 という心を見直し、現代の忙しい日常の中で、それらをどんな風にアップデートしたら生活に取り入れられるのか。

人・資源・衣服のつながりを、対話を通して考えながら、お直し、繕い、 お手入れ、リメイクといった、
「ものを長持ちさせる方法」をまずは一緒に体験してみようというイベントです。

ダメージやしみのある、衣服や布物。
諦めて手放してしまう前に、一緒にお直しする方法を体験してみませんか?


触覚と手先を動かすことがもつ可能性

手を動かして繕う、作るという行為は、パソコンやスマホを操作したり、溢れる情報を目で追う日常から離れて、手の感覚を通じて、自分の感覚や意識を取り戻すきっかけになります。
慣れない動きに最初は戸惑うかもしれませんが、心地よい集中を感じていただけるはず。



主に、イギリス発祥のダーニング(マッシュルームのような形をした道具を使って、生地を織るように糸を渡して、穴や弱ったところを埋めていくお直し方法)と、日本の刺し子の手法を用いる予定です。

新しいアイデアも生まれるかも!






【内容】
-衣類、ファッションと環境への影響について、ドリンクを頂きながら知り、対話(おしゃべり)
-実際に、お直しの体験

【こんな方におすすめ】
-日頃忙しさに忙殺されている方
-お直しして長持ちさせることには興味があるけど、うまくできないと思ってる方
-衣服、ファッションと環境への影響に興味ある方
-手芸は普段しない、得意ではない、と思っている方(とにかくやってみよう!)
-手芸がお好きな方

※小さいですが、キッズスペースもございます。

【持ち物】
-直したいものや、リメイクしたいもの
-針、とじ針、ダーニング道具、糸、はさみなど、基本的な裁縫セットをお持ちの方はぜひご持参ください。
-ダーニングマッシュルームをお持ちの方はぜひご持参ください。
-こけしでもできると思うので、こけしならあるという方、ぜひお持ちください。
道具の貸し出しもありますので、手ぶらでも大丈夫です。
※人数によって、各道具(特にダーニングマッシュルーム)のお貸出しの、待ち時間が長くなることがあります。

【参加費】
大人 ※1ドリンクつき ¥1,500
お子様 ※1ドリンクつき ¥1,000
2名以上のお子様(おひとり当たり)※1ドリンクつき ¥500
お持ち帰りダーニングマッシュルームつき ※1ドリンクつき ¥5,000

【お申し込み】
こちらのページよりお申し込みください。
https://peatix.com/event/1299737

※今回のイベントは、「nl/minato 2019年度フレンドシップ・プログラム」の一環として開催されます。
nl/minato は社会的、政治的、文化的な視点を通して、対話をする、新しいプラットフォームです。オランダ王国大使館とSHIBAURA HOUSE、そして地域の様々な団体がゆるやかに協働してイベントを連続的に開催。オランダと港区を中心としたエリアの関係をより深める試みです。

=主催 アミ研(アルパカ未来研究所)=

当日のプログラム内容

10/19(土) 14:00 〜 17:00
ダーニングと継ぎはぎ <つくらふ倶楽部>

詳細▼

つくらふ倶楽部

繕う、作ろう、笑い合って、ラフにでいいからまずとにかくやってみよう。

やってみることから始まる
モノとあなたと世界のつながり。

SHIBAURA HOUSEで月に2回開催しているニットカフェの、スピンオフイベントです。
普段は、様々な方が同じテーブルで編み物をしていますが、「つくらふ倶楽部」は、「つくる」や「衣服」の中での環境負荷を減らすことや、愛着を持って長く使うためにできることについての学びやアクションに、よりフォーカスした活動です。

世界とつながるふわふわニットカフェ詳細:http://www.shibaurahouse.jp/event/detail/313

お問合せ先

アミ研(アルパカ未来研究所)
https://peatix.com/contact?event_id=1299737

おすすめのイベント