HOME > イベント >

トーキョーワン冒険学校

07/31
(金)
参加受付締切

夏休みをむかえる小学生のみんなへ

ねえ、みんな知ってた?
SHIBAURA HOUSEが建っている場所はトーキョーワンのすぐ近く。
海がすぐそこにあるんだ。

この海は世界のずっと向こうまでつながっている。
沖縄や北海道、台湾や中国。はてはアメリカやアフリカまで。

地球は青く、その70%は海でできている。
けれど世界にはいろいろんな海がある。

青く透きとおった海、暗く沈んだような海。
はげしい波が打ち寄せる海、とてもしずかな海。
イルカをみつけられる海、みつけられない海。
思わず泳ぎたくなる海、あまり泳ぎたくない海。

そう、場所によって海の様子はちがう。
それはいったいどうしてなんだろう?
わたしたちは海についてどのぐらい知っているんだろう?

「トーキョーワン冒険学校」は海をテーマにした1泊2日のワークショップ。
海に詳しい、ユニークなゲストたちがSHIBAURA HOUSEにやってきます。

だけどそこは夏休み。
本を読んだり、机に向かって勉強するわけではありません。
ゲストの面白い話を聞いたり、シャワーやイカダをつくったり。
さらにはみんなでごはんをつくって、寝ることまで。
けっこうたいへんそうだけど、きっとたのしいはず。

ちなみにやってくるのはこんなゲストたち。

地球の南、オーストラリアから日本まで。たったひとりでシーカヤックを漕いでいるスーパー冒険家・八幡暁(やはたさとる)さん。

海のうえにかっこいい家を建てることを計画している天才デザイナー・団塚栄喜(だんづかえいき)さん。

イルカといっしょにおよぐワークショップをひらいている、ステキであやしい3人組。トオル、テツ、イタリア人のレオ、ドラムののなかかつみさん。

いよいよやってくる夏休み。
SHIBAURA HOUSEに泊まって、忘れられない思い出をつくろう。
すぐそこにある海が、大きな冒険への入り口になるかもしれないよ。

たとえば、こんなこどもたちにおすすめ
・自然や生き物について興味をもっている君。
・いつか冒険することにあこがれている君。
・まだ夏休みの予定が決まっていない君。
・あたらしい友達をつくりたい君。

 


どんなイベント?
・小学生を対象とした1泊2日のワークショップです。夜はSHIBAURA HOUSEに宿泊します。宿泊しなくても、各パートのイベントに参加できるようになりました。
・さまざまなゲストと共に、自然の仕組み、海に関連する世界の文化、冒険するための知識を学びます。
・2日間を通してゲスト、スタッフがサポートしますが、食事や宿泊などに不安を持たれる場合にはご相談ください。
・本イベントはゲストとSHIBAURA HOUSEによる共同企画です。運営責任はSHIBAURA HOUSEが負います。

 


7/31(金)にはチャリティーイベントを開催します。こちらは入場無料(予約不要)のオープンなイベントです。終了後にフクシマ・ドルフィンキャンプへのチャリティの呼びかけをします(任意)。こども、おとなを問わず、どなたでもご参加できます。
 

7/31(金) チャリティーイベント for FUKUSHIMA KIDS DOLPHIN CAMP

13:00 オープニング
13:15-14:00 巨大紙芝居「黒いウサギのおはなし」(トオル) & 太鼓ワークショップ(のなかかつみ)
14:00-14:40 上映会「キッズ・ドルフィン・キャンプ」(テツ&レオ)
14:40-15:00 (休憩)
15:00-15:20 「海のうえに家をたてるおはなし」(団塚栄喜)
15:20-16:00 「海をわたる冒険のおはなし」(八幡暁) 

[FUKUSHIMA KIDS DOLPHIN CAMP] 震災後に地元の海で思い切り遊ぶことが難しくなった福島のこどもたち。そんなこどもたちを東京・御蔵島へ招待して、野生のイルカと遊んでもらうプロジェクトです。今回の冒険学校のゲスト3名が中心となって活動しています。今年は13人のこどもたちが参加して、8月中旬に開催予定。クラウドファンディングサイト、READY FORにも掲載されていますので、ぜひご覧ください。https://readyfor.jp/projects/fukushimakidsdolphincamp

 

◎ゲストプロフィール

八幡 暁(やはたさとる)
1974年、東京都生まれ。現在神奈川県在住。大学時代より素潜漁を始め、卒業後は「潜れる海があれば、生きていける」と各地の漁師の仕事を学びながら国内外を巡る。シーカヤックと出会い、2002年から「海と共に暮らす人々は、どのように生きているのか」をテーマに、オーストラリアから日本までの多島海域を舞台にした人力航海の旅「グレートシーマンプロジェクト」をスタート。フィリピンー台湾海峡横断(07年)など世界初となる航海記録を複数持つ。2014年度には、地球でもっとも活躍した冒険家を表彰する「Faust A.G. Award」を受賞。
http://www.churanesia.jp/gsp/ 

 

団塚 栄喜(だんづかえいき)
1963年、大分県生まれ。有限会社「EARTHSCAPE」代表。好奇心と遊び心に溢れたランドスケープデザイナー。ラゾーナ川崎、晴海トリトンスクエア、アーバンドックららぽーと豊洲等、商業施設のランドスケープを数多く手がける。最近では西武池袋本店の屋上・食と緑の空中庭園を担当。一方で、ハーブと人の関係をテーマにしたアートプロジェクト「メディカル・ハーブマン・プロジェクト」も全国を巡回中。
http://www.earthscape.co.jp/


▼ Fukushima Kids Dolphin Campチーム http://www.kidsdolphincamp.com/

藤田 央(トオル)
1972年、東京都生まれ。タイ→アメリカ→ドイツを13年間放浪。2005年ベルリンより日本へ帰国。2006年THE NORTH FACE(JAPAN)との出会いをきっかけに、アートを通して地球とつながり、こども達に自然の楽しさや不思議さを伝える”7Nature Usagi”をスタート。3.11の震災以降は、日本初の福島のこども達のための通年の保養所、久米島”球美の里”の立ち上げに携わる。現在もFukushima Kids Dolphin Camp をはじめ、新たな保養プログラムの企画や運営も行なっている。アウトドアイベント、キャンプ、キッズワークショップの企画運営、さらには幼稚園のプロデュースなどを専門とする。

 

中原 徹夫(テツ)
1972年、大分県生まれ。1992年から94年にかけて、ハワイ・オアフ島のマクアビーチにてテント暮らしをしながら、ドルフィンスイムガイドとして、イルカと毎日遊ぶ。94年には「Dolphin & You」代表テリー・ピニー氏の通訳として、日本各地でイルカワークショップを展開。その後、海外を放浪。メキシコでのダイビングガイドを経て、ハワイ島・ケアラケクアにてイルカの水中写真を撮り始める。現在は英字新聞"Stripes Japan, Stripes Okinawa, Stripes Guam - Stars and Stripes Newspaper"にてフォトジャーナリストとして日本の文化をメインに執筆活動中。

 

LEO PELLEGATTA(レオ)
イタリア出身の映像作家。彼の視点は、個人の記憶と我々の住む世界の事実に基づく「客観的存在」との間にある密接な距離を探求する物語を紡ぐ。我々の現実への見解が常に連続的進化の中に存在する、と感じるために。NYのスクール・オブ・ヴィジュアル・アート卒業。映像作家、写真家として欧州、日本を拠点に活動を展開。作品は展覧会やイベント、出版物を通して発表されている。近年はミュージシャンとのコラボレーションによる映像作品を多数手がけている。2014年には、Fukushima Kids Dolphin Campドキュメンタリー作品を発表。

 

のなかかつみ
2000年、北米インディアンホピ族の聖地ビッグマウンテンへのウォーク参加以来、ホピ族との精神的交流を重ねつつ、国内外での演奏活動を行う。また北山耕平氏、古屋和子氏とともにストーリーテリング「虹の戦士」「ジャンピングマウス」を行う。倍音のフルートの祈りの響き、バッファロードラムの大地を震わす響きを感じてください。 

 

 

当日のプログラム内容

07/31(金) 13:00 〜 22:00
トーキョーワン冒険学校

詳細▼

◎プログラム

1日目 (7/31)

A. チャリティイベント
13:00 オープニング
13:15-14:00 巨大紙芝居「黒いウサギのおはなし」(トオル) & 太鼓ワークショップ(のなかかつみ)
14:00-14:40 上映会「キッズ・ドルフィン・キャンプ」(テツ&レオ)
14:40-15:00 (休憩)
15:00-15:20 「海のうえに家をたてるおはなし」(団塚栄喜)
15:20-16:00 「海をわたる冒険のおはなし」(八幡暁)

 

B. キャンプイベント
17:00 夕食をつくる/シャワーをつくる
18:00 テラスで夕食
19:00 シャワータイム
20:00 運河や東京湾周辺を散歩
21:30 就寝

 

2日目 (8/1)
7:00 起床
7:30 朝食

 

C. イカダワークショップ
9:00 SHIBAURA HOUSEでイカダ作りワークショップ(1) 
11:30  天王洲(東品川海上公園)へ移動
12:00  ランチ
13:00 イカダ作りワークショップ(2)
15:00 イカダで出航(東品川浮き桟橋)
16:00 終了、解散

 

▼各パートの参加要項は下記になります。

〈A. チャリティイベント〉
参加対象: こども(小学生)、おとな
参加費: 無料。終了後にチャリティの呼びかけ(任意)
事前申込み: 必要

 

〈B. キャンプイベント-C.イカダワークショップ〉
参加対象: キャンプはこども(小学生)のみ、イカダワークショップは親子での参加も可
参加費: 7,000円(1日目の2回の食事代、2日目の1回の食事代、イベント保険料込)
事前申込み: 必要

 

*C. イカダワークショップ のみご参加の方
参加費: 3,000円(最大2名までの1回の食事代、イベント保険料込) *人数が3名以上の場合には1食分(600円)プラス
事前申込み: 必要

お問合せ先

SHIBAURA HOUSE
info@kohkoku.co.jp(担当:岩中)

おすすめのイベント