HOME > イベント >

SHIBAURA Dance Weekend

02/27
(土)
参加受付締切
02/27
(土)
参加受付締切
02/28
(日)
参加受付締切
02/28
(日)
参加受付締切

どんなイベント?
SHIBAURA HOUSEを拠点に活動する、プロアマ混合の市民参加型ダンスカンパニー「ダンスポート・シバウラ」と、多彩な若手ダンサーによる2日間のダンス・フェスティバル。ガラス張りのSHIBAURA HOUSE バードルームで上演されるダンス作品を、どうぞお楽しみください。

ダンスポート・シバウラについて
ダンスポート・シバウラは、2015年秋に結成した市民参加型ダンスカンパニーです。メンバーは、普段ダンサーとして活動する人からダンス未経験の人まで、年齢も小学生から60代まで、様々なバックグラウンドをもつ人々が集まりました。半年間の稽古を通してメンバー全員で創り上げてきた作品を、一般の方々の前で初めて上演いたします。ぜひ、ご覧にいらしてください。
>>ダンスポート・シバウラについては、特設サイトで詳しく紹介しています。




◎スケジュール

<DAY1> 2月27日(土)
1部:木村愛子「水を抱く」14:30受付開始・開場 15:00開演
2部:藤井友美「弐の顔」/ダンスポート・シバウラ「芝を漕ぐ」17:00受付開始・開場 17:30開演
*1部・2部はそれぞれ別のチケットが必要となります(お得な通し券もございます)

<DAY2> 2月28日(日)
1部:おかっぱ企画「竜の煙」14:30受付開始・開場 15:00開演
2部:金子愛帆「めいめつ」/ダンスポート・シバウラ「芝を漕ぐ」17:00受付開始・開場 17:30開演
*1部・2部はそれぞれ別のチケットが必要となります(お得な通し券もございます)


◎上演作品

ダンスポート・シバウラ Dance Port SHIBAURA
作品名:「芝を漕ぐ」
お互いのことはあまり知らない中、半年間の練習を重ねて作品を創ってきました。身体を動かしていると言葉が生まれたり、自分の特徴や人との差異にも気づきます。ここに集まるひとりひとりが抱いているダンスへの期待。その波にも似た期待のために、ダンスポートは芝の上を漕ぎ続けます。
振付:井上大辅
出演:あゆみ、井上大辅、うえむらかつひと、斎藤説成、さちこ、武田幹也、中村公美、なら、成田そら、宮崎あかね、睦美
照明:南香織(LICHT-ER)
衣装:久保薗美鈴

木村 愛子 Aiko Kimura
作品名:「水を抱く」
2014年8月、d-倉庫にて初演しました。いつか記憶からするりと抜け落ちるとしても今はこれらを選択し瞬間を紡ぎ続けようと、ある意思表示をしたいと思って制作した作品です。常につきまとう不安にあーでもない、こーでもないと挑みます。
振付・出演:木村愛子
衣装:臼井梨恵

写真:福井理文

藤井 友美 Tomomi Fujii
作品名:「弐の顔」
それはぼくだって、人間相互に通路が必要であるくらいは、じゅうぶんに認めている。認めていればこそ、こうして、おまえにあてた文章を書き続けてもいるわけだ。だが、顔だけが、はたして唯一無二の通路なのだろうか。そんなことは信じられない。(安部公房『他人の顔』)
「弐の顔」という作品です。
振付・出演:藤井友美
写真:山口晴久

おかっぱ企画 Okappa Kikaku
作品名:「竜の煙」
他界した祖母の初盆で、私たち家族は迎え火を焚いた。迎え火の煙は、祖母を導く竜のようにすーっと家の中へ入っていく。その竜は、死の悲しみや思い出を昇華すると共に、私たち家族に、初めて祖母の死の共有をもたらした。私は、この煙にダンスの可能性を感じるのだ。
振付:若林里枝
出演:鈴木燦、末森英実子、若林里枝
写真:松本和幸

金子 愛帆 Manaho Kaneko
作品名:「めいめつ」
暗闇のなか、僅かに、確かに。日常と踊りのあいだにあるであろう、身体を連れて行ってくれるひかりを探します。
振付・出演:金子愛帆

写真:佐藤瑞季

◎参加費
1日券:4,500円
1部:2,500円(学生2,000円)
2部:3,000円(学生2,500円)
*1部、2部のみのバラ券はDAY1、DAY2いずれかとなります
*全席自由席、1部・2部の当日券はそれぞれ300円増しになります
*未就学児の入場はご遠慮ください

◎お申込み方法
当ウェブサイトの「参加する」ボタンを押して、お申し込みフォームからご予約ください
不明点がございましたら、下記お問い合わせ先からご連絡ください
*1日券をお求めの方は同日の1部・2部どちらもご予約ください。セット価格で1,000円引きの4,500円となります。

◎チラシ折り込みについて
SHIBAURA Dance Weekend公演に際しまして、チラシ折り込みを受け付けております。折り込み作業は関西方式による一斉折り込みを予定しております。ご希望される方は、事前に下記問い合わせ先メールまでお申込みの上、2/22(月)17:00にSHIBAURA HOUSE 3Fにお集まりください。チラシは、当日250部お持ちください。宜しくお願いいたします。

◎お問い合わせ先
info@kohkoku.co.jp
03-5419-6446(担当:岩中)

◎クレジット
舞台監督:熊木進
音響:林あきの
主催・会場:SHIBAURA HOUSE 東京都港区芝浦3-15-4
助成:アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)

当日のプログラム内容

02/27(土) 15:00 〜 16:00
DAY1・1部(木村愛子)

詳細▼

02/27(土) 17:30 〜 18:45
DAY1・2部(藤井友美/ダンスポート・シバウラ)

詳細▼

02/28(日) 15:00 〜 16:00
DAY2・1部(おかっぱ企画)

詳細▼

02/28(日) 17:30 〜 18:45
DAY2・2部(金子愛帆/ダンスポート・シバウラ)

詳細▼

<プロフィール>
木村愛子:
桜美林大学総合文化学群卒業。コンテンポラリーダンスを木佐貫邦子に師事。2009年より木村愛子ソロダンス「温かい水を抱く」をシリーズ化し、発表。2011年1月ダンスがみたい!新人シリーズ9新人賞受賞。横浜ダンスコレクションEX2013コンペティションⅠファイナリスト。ソロダンス活動の他、笠井瑞丈、酒井幸菜、白神ももこ、北尾亘などの作品に出演。現在、神奈川総合高校非常勤講師。座間高校創作舞踊部コーチ。

藤井友美:母・藤井宏子のもとでモダンダンスをはじめ、11歳より黒沢輝夫、下田栄子の指導を受ける。18歳より黒沢美香、木佐貫邦子に師事。現在は“身体のゆくえ”をみつめ、創作活動に向かっている2007年から、黒沢美香&ダンサーズのメンバーとして活動を続ける。2015年9月ダンス企画「クロメ」を開始。桜美林大学総合文化学群演劇専修卒業。http://fuji-tomo.jp/

おかっぱ企画:末森英実子と若林里枝がお互いの創作過程を共有する場。各々が興味を持ったことを自由に発言し 時にはお互いに意見を求め合い、実験を 試みながら、創作を行っている。

金子愛帆:幼少よりクラシックバレエを吉沢真知子に師事。日本女子体育大学入学、コンテンポラリーダンスをはじめる。2012年横浜ダンスコレクションEXコンペティションⅡファイナリスト。笠井瑞丈、上村なおか、冨士山アネットなどの作品に参加。現在はダンスカンパニーMOKKに所属している。

お問合せ先

SHIBAURA HOUSE
03-5419-6446
info@kohkoku.co.jp

おすすめのイベント