HOME >

ニュース

最近のニュース

メンバーシップサービスに関するお知らせ(10/10更新)

2017.10.10

空間と価値観を共有する「Relations」

 

SHIBAURA HOUSEでは2017年10月より、多様な社会課題や文化事業に取り組む方々を主なメンバーとして募集し、建物内のワークスペース[3F] + イベントスペース[5F]を定額制で提供するサービス「Relations(リレーションズ)」のメンバー募集を開始します。メンバーはSHIBAURA HOUSEの空間をワークスペースとして利用することはもちろん、定期的、かつリーズナブルな料金でイベントを開催することができます。

 

5Fイベントスペース

 

Relationsは単に空間を提供するのではありません。SHIBAURA HOUSEのスタッフがそれぞれのスキルやネットワークを活かし、メンバーの事業やプロジェクトの可能性を拡げるお手伝いをします。イベント開催のサポート、さらにはメンバーの知識やスキルを広く共有するためのネットワーキングの場を提供。日々の活動のなかにさまざまな刺激やアクセントを加えます。

 

 

3Fワークスペース+パティオ

 

 

「Relations」を始める理由

 

SHIBAURA HOUSEが竣工した2011年は東日本大震災が起こった年でもあります。建設工事の最中に地震があり、すべての工事が止まった日のことを今でも忘れません。今から振り返っても、あの年は人々の価値観や生活のありかた、社会の雰囲気が少し変わっていく、ひとつの契機であったように思います。

 

 

SHIBAURA HOUSEは設計段階から社屋兼地域のコミュニティスペースとしてデザインされていました。建物の竣工と震災が重なったことも影響したのか、NPOを始めとした数多くの新しいコミュニティが誕生し、それに伴うイベント会場としても利用して頂きました。早いものでそれから6年。いまは震災に関わるものだけではなく、さまざまな地域課題に向き合うコミュニティが、社会のなかで大切な役割を果たす時代へとシフトしてきたように思います。

 

そのような流れを客観的にみつめるとき、いま求められていることはふたつあると感じています。ひとつは持続可能なコミュニティ運営の仕組みやノウハウをどのようにして蓄積するか。もうひとつは異なる分野の人やコミュニティが協働して共通の課題に取り組むような連携のありかたです。コミュニティと社会の関係性が次の段階へ進むために、このポイントは避けては通れないように思います。

 

他領域のゲストを迎え、対話を中心に運ぶ"think relations"

 

空間をシェアしながらメンバー間のコミュニケーションを深め、さらにイベント開催によって多くの人達に情報発信する。そのようにしてさらなる繋がりを築いていく。そのような考え方をベースにして、Relationsを運営していきます。皆さんのご参加をお待ちしています。

 


 

◎主な提供サービス
- ワークスペース[3F] + イベントスペース[5F/月4時間+α]  + 各種設備の利用
- メンバー、およびその周辺のネットワークによるスタディグループへの参加
- SHIBAURA HOUSE運営チームによるサポート
*基本的にイベントスペースは平日18:00-22:00、ワークスペースは平日 9:00-22:00の時間帯でのご利用となります 

◎メンバーシップ料金
- 月額 38,000円(税込)
*初期募集は10組程度 

◎詳細についてのお問合せ
- info@shibaurahouse.jp 

〒108-0023 東京都港区芝浦3-15-4
TEL: 03-5419-6446(電話受付時間 11:00-18:00)
FAX: 03-5444-6310