HOME >

ニュース

最近のニュース

2018年度フレンドシップ・プログラム選考結果のお知らせ

2018.09.01

SHIBAURA HOUSEでは、一定の基準を満たした団体・個人に対してフレンドシップを結び、無償でイベント開催場所の提供と広報の協力を行っています。
 

2018年度は「Be Extreme」というテーマを掲げ、さまざまな団体、個人の方よりご応募いただきました。選考では「ユニークさ(SHIBAURA HOUSEの空間を生かした内容)」「企画の具体性」「運営や広報力」にポイントを置き、書類選考と面談による選考の上、下記の通り計3つの企画が採用となりました。

ワタリーショップxリフレクション
渡猛さんによる即興表現ワークショップ(通称ワタリーショップ)と、上條晴夫さんによる協働型の学びのリフレクションを通して、教える/学ぶをめぐるトレーニング法や効果を学びを実感します。
渡 猛(インプロバイザー)http://watari-bouya.com/profile/
上條晴夫(東北福祉大学教授)、湯浅直子(事務局)

SONAR-FIELD
360度からの演奏を楽しむサウンドアート。
現在、第一線で活躍するクラシックの演奏家により結成された新進気鋭の次世代型アンサンブル、Ensemble FOVEによる SHIBAURA HOUSEの構造を生かしたコンサートともインスタレーションとも異なる独自の体験型公演。
Ensemble FOVE https://www.fove.tokyo

アーティストによる子どもと大人のワークショップ(仮)
港区の保育園などで「ふれあいアート」事業のワークショップを10年以上担当してきたNPO法人 ARDAが、親子や保育に携わる方を対象にアーティストによるワークショップ行います。子ども・アート・保育の出会いがクリエイティブな場を生み出します。
NPO法人 ARDA http://www.arda.jp

※各イベント詳細については、SHIBAURA HOUSEのウェブサイト等で順次発表いたします。