HOME > NEWS > 

ニュース

 

港区在住者・リモートワーカー向け!コワーキングスペース1日単位でのDrop-in利用のご案内

2020.07.01



SHIBAURA HOUSEのコワーキングスペース ‘Relations’では、1日単位でワークスペースを利用することができるDrop-in利用を、7月~9月の3ヶ月間限定で行います。風の通る開放的なオフィス空間の利用はもちろん、テラスを利用した密にならないミーティングを行うことも可能。ソーシャルディスタンスの確保や換気も常時行っています。自宅でリモートワークをしていたけれど、閉じこもることに疲れてしまったワーカーや、ときには環境を変えて仕事をしたい働くお父さん・お母さんをサポートします。Relationsの定額利用を考えているけれど、まずは使ってみたいという方におすすめです。

港区在住者限定|9月末まで期間限定
ご利用料金:1日 ¥1,500 (コーヒー1杯付)


◎Drop-inでの主な提供サービス
ワークスペース [3F|フリーアドレス] 
ミーティングスペース、モニター設備(〜2時間、最大8名まで。1週間前より電話にて事前予約可)
全フロアWifi完備

◎利用時間
平日 11:00–18:00(スタッフ常駐)
M2Fカウンターでチェックインを行ってください。
*8月11 日(火)〜14日(金)は夏期休館中につき、お休みしております。

◎対象
港区・品川区在住の、(基本的に)リモートワーカーの方
月額利用を考えているフリーランスの方

◎お問い合わせ
 [メール]info@shibaurahouse.jp [電話]03-5419-6446


\ 集中とリフレッシュが同時に可能な空間 /


Relationsのオフィススペースはガラス張りで、どのフロアにいても明るく光が入ってきます。フリースペースは日によって人の流れや雰囲気も変わりますが、Relationsでは3Fがメンバー専用フロアとなっており、ミーティングスペースも予約可能。集中してお仕事に取り組んでいただけます。過去のレンタルの利用者の方もブレインストーミングなど、クリエイティブな発想ができるとご好評いただいており、いつもと違う場所でモチベーションを上げたいという人にもおすすめ。リフレッシュしたい時にはテラスやフリースペースで一息つくこともできます。



\ お子さんが滞在できるスペースや、参加できるプログラムがあります /


SHIBAURA HOUSEの1Fと2Fはフリースペースとして開放しており、1Fにはお子さんが遊べるキッズスペースがあります。工作ワークショップ「しゅんさくの部屋(未就学向け)」を開催したり、5Fには「子どものためのコワーキングスペース(小学生以上向け)」もオープンしています。お子さんが遊んだり勉強をしながら館内に滞在でき*、安心してお仕事に取り組んでいただけます。 
*スタッフの見守りはありますが、託児サービスはございませんのでご了承ください。


[写真左]しゅんさくの部屋 [写真右]子どものためのコワーキングスペース


\ Relationsのメンバーになれば、色々なサポートが受けられます /


Relationsのメンバーは、SHIBAURA HOUSE主催のイベントへのお誘いや関係者とのネットワーキングの他、イベント広報・グラフィックデザイン・写真・経理などのサポートなど追加サービスもご利用いただけます。現在入居されているのは、ソーシャルベンチャーの中間支援組織、アルパカのニットのブランド、未来を想像するリサーチグループ、移民の家族をサポートするNPOなど。活動領域は多少異なりながらも、わりと近しい価値観で活動されているユニークなメンバーばかり。お互いのネットワークを紹介し合ったり、協働してイベントを開催することも起きています。メンバー間のネットワーク形成や横断的に活動をお手伝いすることで、協働が生まれやすい環境を作りを目指しています。
詳しくはこちら:https://relations.tokyo/


5Fスペース使用例:イベント「私たちのアクションをどう伝えるか(Marcel Kampman)」