HOME > RENTAL > CASE STUDY > 

多摩美術大学展覧会設計ゼミ(展覧会)

多摩美術大学展覧会設計ゼミ(展覧会)

1F

私たち、多摩美術大学展覧会設計ゼミ(CPUE: Curatorial Practice in the Urban Environment)は、東京都現代美術館チーフキュレーターの長谷川祐子教授の指導のもと、都市のなかで展覧会をつくるというキュレーションの実践を通じて、現代アートと人々を結びつける活動を行っています。

8度目の開催となる今回は、SHIBAURA HOUSE 1Fを会場として利用させていただくことにしました。
妹島和世氏の建築の開放的なコミュニティスペースで、普段近所の子ども達とそのお母さんや、お弁当を食べにくる会社勤めの方などが多く出入りしている。人々が行き交う、この開かれた空間の中で展覧会を開催することで、広く多くの人にアートに触れてもらうことが出来ると考えたのが決め手でした。

普段オープンスペースとして開放されている空間で、展示向けのスペースではないため、SHIBAURA HOUSEの皆さまには無理難題な展示プランを提示することも度々ありましたが、私たち学生と一緒に最大限の可能性を検討してくださり、SHIBAURA HOUSEでしか出来ない、より良い形として展覧会にアウトプットできたと感じています。

 

イベント概要

  • フロア : 1F
  • 用途 : 展覧会 
  • 日時 : 2013年10月9日〜2013年10月22日